So-net無料ブログ作成
検索選択

ペナン① E&O。 [旅行]

今回のペナン島ツアーが何故格安(何度も書くが39015円)だったのかと言うと
なんでも、マレーシア政府観光局日本開局35周年
マレーシア航空日本就航15周年記念キャンペーンと言う事らしい。

そして、何と言っても5ツ星ホテル(24時間バトラーサービス)のE&Oホテル
宿泊と言うのも最大の売りである。
どうやら通常このツアーなら安くても90000円はするらしい。

しかも全朝食付きで、またメニューも豊富でどれも美味しかった。
案の定太って帰国した。


IMG_0816.jpg
1885年アルメニア出身のサーキーズ兄弟によって創業されたE&Oホテル。


IMG_0819.jpg
後に彼らはラッフルズホテルも開業したとか。


IMG_0823.jpg
M・ピックフォード、ダグラス・フェアバンクス、ノエル・カワード、
ラドヤード・キップリング、 サマセット・モームとヘルマン・ヘッセなど
歴代の宿泊したセレブリティの写真が飾ってある。


IMG_0711.jpg部屋の窓を開けると
IMG_0779.jpg
海に面したプールが。
ただし海は汚い。


IMG_0775.jpg
リビングとは別にベットルームが。



その奥には
IMG_0794.jpg
バスルーム。
バスタブとは別にシャワールーム
洗面台も二つある。



そして、イスラム系のトイレではお馴染みの
あのホースも
IMG_0795.jpg
キラキラと美しい銀色。


わたしの旅行の目的のひとつに高級ホテルでノンビリする事がある。
今まで様々なホテルに宿泊したがこのE&Oで初めて体験し
感激した事がある。


22時頃ホテルに到着し、取りあえず閉店間近の
ホテルのバーに滑り込みカクテルを飲んでやっと人心地をつけ
さあそろそろ休みましょうかと部屋に戻り
何時ものように「なんでこんなに沢山枕があるのかね」
(なぜか西洋スタイルのベットの上にはいつも4つぐらいの枕が)
「全部使たら間違いなく明日は寝違いしてますな」と思いながら
何気なく選んだ枕二つ。


その枕が後のベットメーキング後にはそのままの形で
美しくベットの上でわたしを待ってくれているのである。


いままでのホテルでは、毎晩「枕多い。。。」と
不必要な枕を除く事が就寝前の儀式である。


IMG_0777.jpg
使わなかった枕。



もちろん隣のベットの連れ合いの枕もしかり。
わたしとは違う彼の選んだ枕がいつも綺麗に彼の眠りを待っていた。



宿泊二日目、街歩きで少し疲れた連れ合いが
クーラーががんがん利いた部屋でうたた寝をしだした時
「風邪引きますよ」と何気なく掛けた付属のブランケットが
その日のターンダウンから彼の眠りを待つ
もうひとつのアイテムに加わっていた。
IMG_0776_2.jpg



何気ない、ほんまもんのサービスを見せてもらった。



しかし、さすがにトイレのあのホースと
バトラーはまだ使いこなせない。
chihiro








nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

ちょんまげ侍金四郎

ありがとうございます。
写真だけで旅した気分です(笑)
by ちょんまげ侍金四郎 (2009-07-03 17:10) 

miyata

こんばんは。
いいですねえ、開き窓の外には海の風景。
モームにヘッセですか。(それしか知らないんですけど(^^ゞ)
by miyata (2009-07-04 01:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。