So-net無料ブログ作成
フィクション ブログトップ

念願のヒール役に専念できるっす。 [フィクション]

新ヒーロー登場で兼ねてから
「横○らしからぬ態度」を指摘されていたドルジが
昨夜ぼそりとつぶやいた。
「これで念願のヒール役に専念出来るっす。」

彼はこの日はさすがに機嫌が良かったようで
お得意のホーミーを口ずさみながら国技館を後にした。

記者メモ
「○綱、今夜は祝杯ですね。」と声をかけたところ
「いや〜。あしたは新しいCMの撮影。おとなしく
モンゴル人のかみさんと過ごすっす。」と返事が帰って来た。

一方、日本相撲界の救世主のカロヤンは、好物のヨーグルトを食べながら
「サッソクカイチョウカラ、オマエベビーフェイスデイケイワレマシタ」
と辿々しい日本語で語ってくれた。

記者メモ
「いや〜しかし惜しかったですね。優勝したかったでしょう」と
尋ねたところ、「カッタライカンユウノモチャントマモリマ...」と
語尾もあやふやに会場を後にした。

ノンフィクション
明日9月27日はドルゴルスレン・ダグワドルジ
25歳の誕生日である。「バヤル フルギィ!!」

夕べ深夜に目を覚ましたら、変な映画を放送していた。
タイトルは「恋はハッケヨイ!
しかし日本映画ではない。しかも女相撲。
かなりおかしな映画だと思った。

ドルジもまわしのかわいいカロヤンも飽きられるまでがんばれ。chihiro


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
フィクション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。