So-net無料ブログ作成

Lions。 [旅行]

この夏の大きな仕事を7月21日に終え
22日はレギュラーの仕事。

同日、深夜23時30分発で
(最近色んな意味で話題になっている屋上にプールがあるホテルを横目に見ながら)
目指すはシンガポールのセントーサ島。




島全体がアミューズメントパーク。
お子様連れの家族が殆ど。


宿泊は、島唯一のプライベートビーチを持つ
ここ最近のお気に入りの系列ホテルへ。

。。。
早朝空港に迎えに来てくれたホテルのドライバーさんが
「他の◯ャングリラを期待したらあかんよ。」と言っていた。
「ライオンも不気味やで〜。」と。。。


プライベートビーチ。
今までで最高に狭し。。。IMG_0013_2.jpg


ホスピタリティ。
。。。

マーライオンも。。。
IMG_0752.jpg

『期待』していませんでしたけどね。


でも、わたし達の目的は
連れ合いには『お疲れさま』。
わたしは『カジノ〜!』。

で、ここ10年どっぷりのpokies 『50Lions』に。


結果。
10万円の儲け!


儲けで全ての欲は落ちたのでお土産買う気もなし。
加齢に伴い食事もあっさりなので
贅沢せずホーカー巡り。(アルコール高し。。。)
IMG_0029.jpg

IMG_0030.jpg
増々写真撮影が減る。。。

年々増すのは欲だけか。。。


滞在費チャラ。




Lion繋がりが良かったのか?
また行くぞ!
chihiro







nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダナン。 [旅行]

またまたコーヒーの美味しい国へ。
IMG_0487.jpg

今年のはやい夏休みはベトナムのダナン。
いつものように何にもしない。。。
IMG_0481.jpg
ホテルの前は美しい白砂の鳴き砂ビーチが。
日差しがキツ過ぎて今回は早朝の日の出をながめるばかり。
IMG_1414.jpg
IMG_1425.jpg
IMG_1429.jpg

車で30分程走ると世界遺産のホイアンが。
IMGA0975.jpg
IMGA0962.jpg
IMG_1362.jpg


しかし、年々写真を撮るのが減っている。。。


いまアフロ系のヘアスタイルのわたし。。。
ホテルのスタッフに「ヌードル。」と呼ばれていたらしい。。。
ホイアンでは「あんたタイ人か?」「コップンカー」とも言われた。。。


タイ人は初めて。。。
chihiro
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴ〜ン。 [旅行]

ニャチャンで食べた美味しい物を紹介します。


初日はなんやかんやで21時頃の夕食となり
腹ぺこなせいで歩く気力もなく
ホテルのすぐ傍のレストランLouisiana Brewhouseで春巻きやサティで
無難に済ませたのでした。

でもこのレストラン、自家製ビールが売りのお店
常時4種類を醸造しています。
IMG_1270.jpg
600mlで280円程


料理はそこそこですが
乾いた喉に冷えたビールは格別です。



一番のお気に入りは二日目の晩ご飯。






ニャチャンの焼き肉です。
IMG_1230.jpg
七輪で焼きます。
焼き肉といってもステーキ肉を小さく切った感じ。
それを甘辛いタレにつけこんである。


焼き野菜も注文。
IMG_1231.jpg
ニンジンに玉ねぎ、オクラとじゃがいも、ベトナム版厚揚げ
トマトやパイナップル、バナナまであります。





うまい!!
お肉を追加注文。


なんと、ビール2本込みで800円程!!
近所に支店を作って欲しい店Lac canhです。


IMG_1240.jpg
二階建ての店内は、地元の人で 大賑わい。
順番待ちの日も多いとか。


一時間程ぶらぶらしてやっと辿り着いた店ですが
「え〜こんな所にあるの〜?」って所にあります。



帰りは満腹もあってタクシーで。
贅沢やなぁ〜と思いながら料金を払うと
なんと200円ちょっと。
「二人乗って大阪市バスより安いや〜ん」でした。

店の前にも4、5台のタクシーが客待ちしているので
行かれる方はタクシーでどうぞ。




さて三日目はホテル主催のカクテルパーティーと
南ベトナムの屋台バッフェが無料であると言う事で
昼食に焦点を。




ガイドブックには「地元の人がフォーといえば
ここ」と載っている店Pho Hong


いきなりタクシーです。
200円ですから。
運ちゃんも「あっPho Hongね。」という感じです。


IMG_1264.jpg
生牛肉入りフォーです。

なにも言葉はいりません。
美味い。。。。




IMG_1265.jpg
好みの野菜を好きなだけトッピング。

これで130円程です。
近所にあれば毎日通います。
いやぁ〜美味い!!




ところで、タイトルの「ゴ〜ン」。
美味しいというベトナム語です。
発音は全神経を鼻に集中し、
今迄で一番の鼻濁音を出す要領で「ゴ”〜ン(Ngon)」です。



この一言はかなりのコミュニケーションツールです。



この言葉を教えてくれたホテルの屋台バッフェと
その他、ゴ〜ンな話はまた後日。
chihiro










nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南シナ海。 [旅行]

先月末から夏休み旅行へ。
場所はベトナムのニャチャン。

まずは米中露、その他の国が喧々諤々し
日本にとっても注目の南シナ海カムラン港から
10キロ離れたカムラン空港に到着。

空港以外何もない場所。
しかし、広大な道路を建設中。
将来、米海軍の拠点となることを考慮してか。。。。
数年後にはかなり違った顔になるのかなと思う。





宿泊先は空港から車で3、40分のエヴァソンアナマンダラ。
IMG_1331.jpg


IMG_1219.jpg





客はまばら。
IMG_1336_2.jpg





プライベートビーチでいつもの様にのんびり。
IMG_1337.jpg





持参したブリュットでご機嫌。






しかし暑い。
日差しがキツい。



IMG_1246.jpg
きれいな花が咲く大きな木には





IMG_1244.jpg
こんな実がパラサイト。









暑くてたまらなくなったらプールで涼む。
IMG_1250.jpg





IMG_1254.jpg







疲れたら部屋にもどって昼寝。
IMG_1274.jpg
そんな日々の先週。










あっという間に今日から社会復帰。
そろそろ仕事場へ出勤の時刻が。



で、今日の所はこの辺りで。
chihiro

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぎりぎりセーフ。 [旅行]

先月中頃、航空会社のHPを見たら
2月、3月に失効してしまう
連れ合いのマイルがある事に気づいた。

これは勿体ないと忙しい連れ合いのスケジュールの中
6日から二泊三日で韓国へ行って来た。

いつも泊まっているホテルより安い
SKY PARK HOTELに初めて泊まった。
一泊7400円。
場所は明洞のど真ん中。
部屋は清潔だけど極狭。
バスタブ無し。

という事で初日から垢擦りに早速出掛ける。
今回で三度目になる汗蒸幕屋で汗をかいた後
オモニに垢擦りをしてもらう。


初めてこの店に来たのはもう10年程前。
見覚えのあるオモニ達もかなり老け込んでいたが
元気に働いていた。


もうひとつのお目当ては韓国グルメ。
一日目のお昼は好物の明洞餃子。
1時頃には大行列が。。。。
並ぶ事が大嫌いなわたし達は即諦めて
次の目的のメガネ屋へ。
連れ合い、わたしと遠近両用の眼鏡を作ってもらい
再び明洞餃子へ。
すんなりと座る事は出来たけれど相変わらずの大繁盛。
相席になった韓国青年二人はとても礼儀正しく
日本の若者達もこうだったらなぁ〜などと思う。
店を出たのは4時頃。
またまた行列が出来始めていた。


晩ご飯はプルナッチ。
IMG_1121.jpg
激辛マダコのプルコギを今風にアレンジしたもの。


IMG_1123.jpg
トッピングのチーズが溶けて来たら具をチーズにからめて食す。



エゴマの葉に撒いてもまた美味しい。
IMG_1124.jpg
エゴマの葉の上にはとびこ。
小さな鍋には韓国風茶碗蒸し。
プルナッチの辛さに茶碗蒸しのやさしい味がありがたい。

具が無くなったらしめの焼き飯。
IMG_1126.jpg
二年前よりタコの量が減っていたが
このお店も行列が出来ていた。


二日目のお昼は
IMG_1128.jpg
初めてのジャジャン麺。
甘くて美味しい。


これまた初めてのNANTAで大笑いした後は
IMG_1129.jpg
カンジャンケジャン(カニの醤油漬け)と
IMG_1132.jpg
蒸しワタリガニをどぶろくで。
値段のわりには味はまあまあ。
どぶろくが美味しかった。



韓国旅行の最大の目的はショッピング。

「社長さ〜ん。完璧な偽物ありますよ〜。」や
「お嬢さ〜ん。毛皮見るだけでも見てって。」
「ナニ探してるぅ〜。」の客引きの呼び声にも
「社長とちゃうで〜。」
「アジュンマやで〜。」
「セブンイレブン。」と躱せるるようになった。


ファッションビルの小さなお店で韓国の
手頃な服を見て回るのも好きだ。

でも残念な事に2、3年前にはまだ賑わいを見せていた
殆どのビルが今は閑散とし7、8階建てのビルの
数フロアのみで細々と営業をしている。


恐らくファストファッションのあおりを受けているのだろう。
このビルはどうなるんだろうと寂しさを感じる。





最後は金浦空港でキンパッ。
IMG_1134.jpg
軽食に丁度いい。



久しぶりに金浦空港の入出国だったが
仁川空港と違って静かで空いている。
ソウルにも近いからわたしは金浦空港の方が好きだ。


わたしの眼鏡は9割がた韓国の同じメガネ屋で作ったものだ。

そのメガネ屋さんは商売上手で繁盛しているらしく
明洞にゲストハウスを作ったそうだ。
次回は是非と宿泊券をくれた。


またまたソウルに行く理由ができた。
chihiro


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハブ空港。 [旅行]

去年の年末、恒例の我が家の慰安旅行でペナン島へ行って来た。
今回はマレーシア航空のチケットが取れず
久しぶりのシンガポール航空を利用。

シンガポールのチャンギ空港で早朝の5時30分から
13時20分までおよそ8時間のトランジット。


IMG_1077.jpg



う〜ん長いな。。。。
で出発前にチャンギ空港の情報を検索すると
流石国際的ハブ空港、多くのトランジット客を
様々な工夫で迎えてくれている。

その中でわたしがチョイスしたのは空港内にある
トランジットホテルのプール。


IMG_1063.jpg

早朝のせいか客もまばら。
天候もパッとせず肌寒い程で残念ながらプールには入らなかった。
でも空港内の喧噪から避難して650円程の料金で
朝7時からプールサイドでウトウトした。

昼食はタイガービールの生ビールとフィシュ&チップス。
初めての生タイガービール。
う〜ん美味い。ビン入りとはかなり違うね。


その後は行ってみたかったバタフライガーデンへ。

IMG_1069.jpg
IMG_1070.jpg

見た事もない色様々な蝶達がヒラヒラと舞っていた。



IMG_1066.jpg

大きなキャビネットの中には100匹を超えるサナギが。





行きのトランジットはお昼。
帰りのトランジットの夜中にも行ってみたけど
蝶は見られなかった。
バタフライガーデンは明るいうちに行くべし。






帰りはさほど長いトランジットではなかった。


最近よく利用しているクアラルンプル空港は
関空行きの飛行機が出発する時間になると
何故か「はいはい。時間ですから閉店ね。」と
ガラガラと店のシャッターが閉められていく。
あげくあまり美味しそうでない麺類などで
空腹を満たした事が何度もあった。


しかしチャンギ空港は何時でもいろんなレストランが開いていた。

その中で肝試し的にトライしたのが
IMG_1113.jpg
1かんづつパックに入れられたお寿司。
かなり恐る恐るだったのでマグロ、タコ、イカ
そして安全パイにカッパ巻きを。


1パック80円程。
大丈夫でした。思ったほど悪くなかったです。
でもやはり外人さんがターゲットなのか
カリフォルニアロールのようなマヨネーズ味の寿司が多かった。



料金を支払う時20年以上前の旅行で残っていた
シンガポールドルの紙幣で支払おうとしたら
若い店員さんがおばさんの店員さんに
「これナニ?」と聞いていた。
「昔のお金やね。」みたいな会話があり無事支払えた。


デザイン変わってたんやね。
なんせ20年前やもんね。
ありがとうおばさん。





で、今年の初日の出は飛行機から

IMG_1117.jpg
IMG_1120.jpg


また次回もチャンギ空港を利用したくなった。



時間があえば次はチャンギ空港主催の
無料シンガポールツアーにも行ってみたい。




関空出発が今回は深夜出発だった。
21時過ぎに手続きをすませ何か食べようとしたら
「ラストオーダー22時」と表示している飲食店の
殆どが21時30分には何故か閉店の看板をだしている。
そんな中で開店していた麺類のお店には
お腹をすかせた客が次々にやって来る。
そして22時になると「ラストオーダーですが
ご注文はないですか?」と聞いてくれる。


正直者が馬鹿を見る時代はもう過ぎました。
関西空港が世界に誇れるハブ空港になれるのは
まだまだ先のようだ。

chihiro


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハノイ③。 [旅行]

しかしハノイにはなかなかオシャレな
お店が少なかったように思う。

なんだか古ぼけたお店が多く
暑さをしのぐ為か店内はどこも薄暗い。

そんなお店の中からもなんとかして
記念のお土産を探した。



IMG_1041.jpg
アンティーク風時計。
昔フランスの蚤の市で同じ形の時計を見かけた。
それはバカ高くてとても買えなかった事を思い出した。





IMG_1036.jpg
こちらはレプリカ。






IMG_1042.jpg
値段は、ボラレタかもしれないので秘密。






連れ合いのお土産はこれ。
__-1.jpg
バイク用雨合羽。
しかも二人乗り仕様。
夕立が降っていてもハノイのライダー達は
この合羽で走り回る。
300円也。


三日目に行ったツアーは
ハノイの市内、陶磁器の村バッチャン村観光
水上人形劇観劇、それにフォーの昼食、ベトナム料理の夕食付き。
普段は10000円はするのが5500円とお得だった。


市内観光では厳しく軍人に警護されたホーチミン廟で
ガラスケースに安置されたホーチミンさんを見学。


社会主義国なのだと改めて感じさせられる。




「日本の若い人はひょっとして
ベトナム戦争の事も知らない人がいる?」と
現地添乗員のビンさんに尋ねると
「そうです。」
「若い人はなんの興味もないようです。」との事。。。。



バッチャン村で工房見学をし、お土産のお皿等を購入。




それよりも記念になったのがこちら














怪しい。








smoke.jpg
工房の人の水パイプをビンさんがみつけて
「吸うてみなはれ。」と言う事になった。
味は西洋のパイプによく似ている。
しかしキツい。



ビンさんありがと。
初体験でした。






__-4.jpg
水上人形劇の人形はバカボンのパパに似てるな。
chihiro








nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハノイ②。 [旅行]

ハノイ到着の日の晩ご飯は『ベトナム版焼き鳥』。
ガイドブックを片手に恐ろしい程のバイク軍団を
なんとかかわしながら歩く事40分。

そこは焼き鳥通りだった。
日本人と解ったとたん
「こちらにどうぞ」「あっちはよくない」と
客引き合戦をしだしたガイドブックに載っていた
店とその向かいの店を尻目に
一番奥にあり、客引きもせずまた客席が一番多い店に。

時間が少し早かったのか客はまばら。
しかしみんな爪先(足先?)を食べている。
むむむ、爪先専門店か?
注文を取りに来てくれたお嬢さんに
「手羽アルカ?ももアルカ?」と聞くと
「何本イルカ?」との返事。ホッとする。

そして「コレ食ベロ。」と薦められたのが
串に刺さった丸ごとのフランスパン。
「ええ〜?」と思っていると「ウマイカラ食べテミロ。」とのこと。

ビールと付きだしの野菜の酢漬けをあてに待つこと数分。
(ベトナムの人達はビールに氷を入れて飲むようだ。
わたしは、お腹がゴロゴロするのが怖くて氷なしのグラスで。
連れ合いは氷ありのグラスで飲んだけど、お腹は大丈夫だった。)


まずは串焼きされた鶏肉をハサミで切って皿の上へ。
次にやって来たのはペシャンコに姿を変えたフランスパン。
どうすればこう成るのかは網焼き場に背を向けていた
わたしには不明。
これもハサミでカット。





IMG_0989.jpg

焼き鳥もペシャンコなパンもほんのり甘みが利いていて美味。
好みで少しからい赤いソースを付けて食べる。



「おいし!」「いけるな。」などと言っているうちに
お店には現地のお客が次々にやって来だした。


しかし、殆どの客がオーダーするのは爪先。。。。
食べてみたくなったので、少し離れたところに居た
店員さんに爪先を手でジェスチャーしてみた。
「あぁ〜?はい。はい。あれね。」とすぐに理解してもらいやって来た。




ちょっこし大きめ。
美味しいけれど食べられるとこ少なし。。。。
しかし現地の客はこれを長々ときれいに食す。


お腹も丁度良い程度に満腹に。
もう少し食べられたらパンを追加したかった。
飲み物はビール2本。
これで1000円程。
おそらく爪先ばかりならもう少し安かっただろう。



ここベトナムの屋台の椅子はどこもお風呂の椅子のようなものに座る。
座る位置が低い。
そしてその横をバイクが走り回っている。
焼き鳥屋は通りから奥まった場所にあったので
良かったが、どうなんでしょう。。。。
なんか排気ガスだらけってかんじ。。。。



日本人に比べてベトナムの人は小柄だ。
風呂の椅子が丁度いい塩梅なのかも。



夕立も多いだろうから、ちょっと衛生的にも気になる。



そんなこともあって屋外の屋台で食べたのは
この焼き鳥屋だけだった。





三日目の待ち歩きツアーの昼食は
ハノイ名物のフォー。
IMG_1002.jpg
う〜ん。美味しい!!
辛いソースとライムはお好みで。
一杯125円程。




街歩きで疲れたらカフェに飛び込んで
ベトナムコーヒーを。
IMG_0993.jpg
プリンは旅行会社からのクーポンで。
ムチャ甘。
でもクーラーのきいたカフェで頂くと
疲れた身体がホッコリする。
練乳入りコーヒー130円程。練乳なし100円程。





たまたま入った
『Vietnam Travel Cafe』で飲んだ
アイスベトナムコーヒー。
IMG_1013.jpg
ここのコーヒーは美味しい。
帰り際白人のオーナーらしき人が
「美味かったやろ?知ってんねん。」
「コーヒー豆オランダから仕入れてんねん。」
とニコニコしながら言っていた。
これで100円程。

二日連続通っておかわりしたほどだ。
オランダのコーヒー。水出ししているのか?
また飲みたい。


夕飯にフレンチや海鮮料理も食べたのだが
食い気が勝り写真なし。

しかし、どちらも美味しくて安い。
贅沢三昧のフレンチもワイン代込みで7000円程。
海鮮は3000円程で満腹。


その海鮮料理店での一品。
何かいつもと違う野菜を注文しようと
選んだのが『ロシアンサラダ』。

「ビーツが入ってるのかな?」などと
サラダが来るのを楽しみにしていたら
運ばれて来た。















IMG_1018.jpg
いや〜ん。
ポテサラや〜ん。。。。
さいの目切りしたポテトをロシアの雪に
見立てているのか?


海鮮料理にポテサラは。。。。。



まぁなんか懐かしく美味しかったから
えぇけどね。






しかし客引き合戦していた二軒の焼き鳥屋は
客が入ってなかったな。
chihiro




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハノイ①。 [旅行]

今年の夏の大きな仕事が7月11日に
決まった日から夏休み旅行の計画を練った。



以前ビザが必要だったので二の足を踏んでいたベトナム。



去年ペナン島旅行で利用した会社に
ハノイ5日間のツアーがあった。
『あのチャップリンも宿泊☆中世ヨーロッパ気品
漂う ソフィテルメトロポール指定 ハノイ5日間』
むむむ、8月になるとぐぐーんと値段が上がる。



で、7月20日から連れ合いもスケジュールOK
と言う訳で行って来た。




チャップリンも泊まったソフィテルレジェンドメトロポールIMG_0084.jpgIMG_0078.jpg
IMG_0981.jpg
あいにくASEANの地域フォーラムがハノイで
開催されていて、日本やカンボジアの関係者も
宿泊しているらしい。
セキュリティーが少々煩わしい。
アメニティーはロクシタン。





IMG_0986.jpg
チャップリンが好んで飲んだカクテル。
チャーリー・チャップリン。
レモンソルベが付いていた。
(シャーベットとは言わずソルベおフランスですね
レシピ。。。。忘れた。。。。)





今回の旅行の写真は非常に少ない。
毎回街歩き派の我が家ではあるが
想像以上の蒸し暑さと、これまた異常な程の
バイクの数、無茶苦茶な交通マナーで
ぶらぶらしながらかなり神経がすり減ったのが原因か。

空港からホテル迄送迎してくれた
現地添乗員クイさんの「先週は台風が来てました」を
思い出すと蒸し暑さも、バイクもまぁええかとも思う。。。。


しかし、いつもは心配な程にボケ〜っと歩く
連れ合いの背中から、初めてイライラのオーラが溢れ出すのを見た。
気ぃ短いな〜と思う。




IMG_0087.jpg
IMG_0103.jpg
そんな少ない写真から町の様子。



IMG_1027.jpg
ホテルから歩いて数分のホアンキエム湖の畔。




早朝や夕方日が暮れてから、この湖の周りに
人がうじゃうじゃと集まりだし、ウォーキングや
中年女性はエアロビ、お年寄りは太極拳をしたりする。




しかしその周回道路には大量のバイクが走り回っている。



空気悪し。。。。



健康の為のウォーキングもエアロビも
これじゃ台無しって感じ。。。。




このホアンキエム湖には昔、王様が湖に棲む
亀から授かった宝剣で明軍を駆逐し中国から解放。
平和が訪れたころ亀が再び現れ剣を返した
と言う伝説がある。
(ベトナム名物水上人形劇でも演じられている)
IMG_0995_2.jpg








またこの湖の小島には玉山祠があり

IMG_0081.jpg
島へは赤い橋で渡る。





その亀ではないかと言われている体長2メートルの
亀の剥製が展示されている。









IMG_0998_2.jpg
でかい。
何故か赤々とライトアップ!!




また現在この湖には1・8メートルの亀が居るとか。


3日目の待ち歩きツアーの現地添乗員ビンさん曰く
「わたしも一回だけ見た事があります。亀さんが目撃されると
湖のまわりは交通渋滞になります。」だそうだ。




そんなビンさんに質問してみた。



「亀は神様なのか?」
「はい。亀さんは神様です。」
「ベトナムの人は亀を食べるのか?」
「食べます。」
「神様なのに?」
「亀さんは食べません。(この人何故か亀には
いつも『さん』をつける)スッポンを食べます。」
どう見ても2メートルの亀の剥製はスッポンだけど。。。。。。
「ふ〜ん。。。。」



クイさんは「ヘビが美味しいです。」と言っていたっけ。
二人とも「男の人が元気になります。」だって。
一瞬食べてみたくなったけど
たぶん一生食べないと思う。。。。。



そんな食べ物のお話はまた次回に。
chihiro
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

理想郷。 [旅行]

去年の年末、二ヶ月間全くと言っていい程
休日を取る事なく働き続けてくれた連れ合いの慰労を兼ねて
12月28日からボルネオのコタキナバルに行って来た。



いつもの様にな〜んにもしない休日。


IMG_0920.jpg



ただぼんやりと海を眺め、持参した本を読み
ウトウトと微睡む贅沢な時間を過ごした。

IMG_0909.jpg




夜になるとタクシーで15分程の街や
近所の屋台に繰り出しローカルフードに舌鼓を打つ。



IMG_0917.jpg
近所の屋台で。


初日は
IMG_0859.jpg
イカのシンガポール風
IMG_0860.jpg
綺麗なタイワンガザミはサンバルソースで
IMG_0864.jpg
シーフード焼きそば


二日目は街の屋台街で。
IMG_0895.jpg
生け簀から好みの食材をチョイス。


IMG_0892.jpg
牡蠣のオムレツ


IMG_0900.jpg
草履エビ


IMG_0897.jpg
毎晩食べたチキンサテ



人種の坩堝であるペナン島に比べると
コタキナバルのメニューは少々貧弱。



そしてイスラム圏はアルコールにいつも困る。
また、アルコールの種類が少ない。
でもコタキナバルはペナン島よりビールの価格がぐんと安い。
ひと缶5RMおよそ150円。
ペナンは20RMするところもあった。



ペナン島の豊富な味付けとコタキナバルの
ビールの価格がドッキングすればこの世はパラダイス。



毎晩贅沢な海産物を選んで食べても100RM前後
3000円程だったからそれだけで充分か。





ただ今回宿泊したホテルは、専用ラウンジで毎晩5時から7時まで
ハッピーアワーがありワインやジンが無料で飲めた。



数人のボーイさんがワインのボトルを持って
「おかわりは如何ですか」とまわってくれる。



その上豊富なスナックもあり小腹のすいた外人さん達は
何皿もおかわりしていた。





二日目にいい気分でラウンジを出ようとした時
「chihiroさん」と声をかけられて驚いた。



クアラルンプル支局に駐在している知り合いが
家族を連れて遊びに来ていたようだ。


奇遇とは何を意味するのかなどと考える。




そして、わたしの目的はこの子達に逢う事。
IMG_0866.jpg


IMG_0868.jpg
宿泊したホテル系列ホテルに保護センターがある。


オランウータンウォッチングは65RM。
この費用が保護されているオランウータンの食事代を
サポートするらしい。



1時間程保護センターの活動をDVDで鑑賞。
その後可愛らしく戯れる彼らを見る。


ある日本人のおじさんが「詐欺やな〜」と言っていた。



時間になれば森の奥に帰って行く彼らの後ろ姿を
見ていると、見せ物的な感は拭えない。




何故か哀しかった。



でも高い木の上に寝そべる巨大なベアキャットに遭遇。

どうやら現地ではビントロンと呼ばれ
生息地を破壊されたり、珍味や薬剤のために密猟されて
絶滅危機に瀕しているらしい。



日本に比べると広大な森林に囲まれているはずの
ボルネオ島でさえ環境破壊は深刻な問題なのだ。







連れ合いは恒例になりつつある
『世界の各地で散髪を』
IMG_0858.jpg
今回は中華系のお兄さんのお店。
8RMおよそ250円。
チクチク度はインド系のお店よりかなりましだとか。





急にのんびりしたのが祟ったのか
それとも、大晦日にホテルのガラディーナーで食べた
生牡蠣にあたったのか
連れ合いは新年早々胃の具合が悪くなった。




お疲れやったんやね。







IMG_0924.jpg
部屋から見た、元日の朝焼けと満月。




今年も健康で楽しく過ごせる一年であります様にと
願をかけたコタキナバルでした。chihiro












nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。