So-net無料ブログ作成
眠れない病 ブログトップ

生きる力。 [眠れない病]

先週の火曜日、何年ぶりだろう「ああ、よく寝た。」と感じた。
朝の第一声が「あー。よく寝た!」だった。

その日は本当に充実した一日になった。

考えると少し長い間、生きる力が足りなかったように感じる。
うまく説明できないけれど、ごく薄いもやがずーっとわたしの中に
長い間漂っていた。
何をしてもいまひとつ弾けきれない何かがわたしの中に居た。

それが先週のたった一晩の快眠でぱぁーっと晴れた感じがする。

あの日から、パソコンに向かう時間が減っている。
一時間ニ時間と近所を散歩するのが増えている。
新しい鉢植えを買って来た。
過ごしやすい季節だからだろうか?

睡眠って大切だと改めて感じる。
食べる事は人の『欲』が手助けしてくれる。
『眠る』事はそうもいかない。
枕元においたラベンダーのアロマオイルも手助けしてくれたのだろうか?
今は毎日が楽しい。

でも次の日はやっぱり4時から眠れなかったけど...
そんな夜もあるよ。chihiro


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カタルシス。 [眠れない病]

わたしの全ての細胞から負のエネルギーを溢れださせる人物が居る。
仕事上の付き合いの10年間、深く関わらない方の路を選択してきた。

「何でもハッキリと言ってくれるから助かる。」「何かあれば言って。」と
聞く度に合わないと感じていた。(−)
言いたい事の一割もあんたには言っていない。(−)
ある事を切っ掛けにこの人物との関わりにピリオドをうった。(−)

しかし仕事上これからもバッタリ会う事は承知していた。
今迄の事は今迄の事。
こちらから何事も無かったように
挨拶をしようと決めていた。(+)
嫌な相手からは逃げては行けないと。(+)

金曜に駅で見かけた。一年振りに会う。
こちらから歩み寄り近況を伝えた。(+)
会話をしながら「やっぱりイヤだ。」と思った。(−)
優しさのかけらも無い表情で人の話を聞くのか。(−)

3日も経つのにすっきり出来ない。(−)
7割の細胞から負のイメージが消えない。(−)
まだ時間が必要なのか?
何がそこまで感じさせるのか?
実は解っているのだ。
それを封印している。(−)

自分から話が出来た。(+)
もう関係のない人。(+)
よくがんばった。(+)ほんとうか?
大人げない。(−) 情けない。(−)
体を壊した原因はこの問題にあると思っている。(−)
相手はこれっぽちも気に掛けてなどいない。(+)?(−)?

♪ 忍耐(愛情)向かって左に欠乏だから修行(君)が必要
冷たい態度で自分を守っているつもりなの?
変えられない物を受け入れる力
そして受け入れられない物を変える力を頂戴よ〜♪
Wait&See〜リスク〜』より

今世で浄化してしまわなければならない。
来世にまで持ち込んで連れ合いにでもなられたら
堪ったもんじゃない。chihiro


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目撃。 [眠れない病]

6月28日は健康診断の日であった。
この暑い日に14時間も水分を摂らないなど無茶である。
早めに起きてこっそり水を飲んでやろうと思っていたら眠れなくなった。
4時すぎからTVの前でゴロゴロしていた。

そんな中また目撃させてもらった。
朝ズバッ!』である。

時刻は6時8分。柴田秀TBSアナウンサーが郵政民営化関連の
ニュースのリードを読んでいるショットの後方にはどうやら芸能ニュースの原稿に
手を加えているスタッフと竹内香苗TBSアナウンサーが映っていた。
そこに一人の男が素早くフレームイン。瞬間彼は見事にスタッフの頭を張ったのである。
(張るって言うのか?殴る程強くない。関東ではぶつか?)
「パコーン」と。DV。修行。躾。どんなポカをやらかしたんだ?

ただ毎朝息子が映ってるからと楽しみに見ている母さんがいたなら
ちょっと哀しかったろう。見ていなかった事を願いたい。

例の「ビオフェルミン発言」を見逃したのを後悔している。
その日はぐっすり寝ていた。chihiro


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

その後の台詞。 [眠れない病]

随分と前に録っていたいた「ハムレット」をみた。
「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。」その少し後に続く台詞。「死ぬ事は眠る事、それだけだ。」「眠りによって心の痛みも、肉体が抱える数限りない苦しみも終わりを告げる、それこそ願ってもない結末だ。」「死、眠る。眠る、おそらくは夢を見る。そう、そこで引っ掛かる。一体死という眠りの中でどんな夢を見るのか。ようやく人生のしがらみを振り切ったというのに。」「だから躊躇う。そして苦しい人生をおめおめと生き延びてしまうのだ。」
そうか、眠る事なのだ。少しは恐くなくなった。でも目覚める事のない眠りを考えると少し恐い。プラマイゼロ。
そんな事を考えながら眠りについた昨夜は、またいつもの得体の知れない胸の辺りを這うような言い様のない不安で目が覚めた。そう、「眠りによって心の痛みも、肉体が抱える数限りない苦しみも終わりを告げる、それこそ願ってもない結末だ。」なにも恐くはない。その後は己の意識など無くなってしまうはずなのだから。

「こんな善人ぶった口をきいてごめんなさい。」「この息切れした嫌らしい時代には、美徳が悪徳に許しを乞わねばならぬのだ。」「そう。悪に美徳を施すにも腰を折って頼まねばならぬ。」
『グローブ座』で公開された1600年頃と何一つ代わり映えのしない愚かな行いを我々は何時迄繰り返すのだろう。
「こんな善人ぶった口をきいてごめんなさい。」chihiro


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目撃。みのもんたの6時10分過ぎ。 [眠れない病]


ぼちぼちと眠れない病が復活しつつある。3時〜4時に目が覚める。近頃は無理に布団の中で過ごさずテレビの前で寝転んでいたりする。昨日の6時10分過ぎのこと、女性アナウンサーが英国の「ピアノマン」のスタジオリード部分を読んでいる姿の後方に,みのもんたがするりとフレームイン。テーブル(この番組は放送中の打ち合わせをここでしていてそれを公開するというスタイルを取っている)上の小箱から赤っぽいなにやら小さな”菓子の袋”らしき物を開封し始めた。おっ!小腹がすいたのか?と思っているうちにみの氏も映っている事に気付いたらしく、急に「ピアノマン」に興味を持ち始めしきりに頷きだした。どうせならズバッ!と平らげて欲しかった。しかし、確かにあの時間はニュース、各地のニュース,CMと、みの氏不在でも問題のない10分間である。どうせなら美味しい飲み物とおめざで、みの氏のご機嫌を伺った方が良いのではないだろうか?
三文の徳?chihiro


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
眠れない病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。